失業保険

失業保険
   
失業保険とは
   
■事業主の方へ
雇用保険については、労働者を雇用する事業は、その業種、規模等を問わず、農林水産業の一部を除きすべて適用事業となります。そのため、その事業主は労働保険料の納付、雇用保険法の既定による各種の届出等の義務を負うことになります。

■労働者の方へ
失業保険とは、雇用保険(失業保険)に6カ月以上入っていた人が失業した場合、再就職活動のための失業給付金を受け取ることができるという制度です。
現代のような不安定な世の中では、必ず必要になる制度です。
ただし自主的に退社した人、やむを得ず退社してしまった人、20代の退社、働き盛りの45才の退社など被保険者の条件によって給付金が異なりますので、しっかりチェックしましょう。


失業保険の目的
雇用保険(失業保険)の被保険者が失業した場合に、離職中の生活支援や再就職の援助を目的として給付されるのが「失業給付」です。 働く意志・能力を持つ離職者の方々を対象に、一定期間支給されます。
あくまでも働く意志のある人が条件となります。そのため、会社を辞めて専業主婦になった場合などは給付の対象にはなりません。また給付を受けるには一定の条件を満たしていることが必要です。

 
  


広告


関連リンク
失業保険とはTOP

  (C) 2005 会社経営者の為の生命保険. All rights reserved.